スキーは簡単(初めて滑る人へまたは教える人へ)

スキー靴を履ける。スキー板を履ける。ストックを正しく持てる。
そして正しく構えて立てる。これだけはゲレンデに立つ前に練習しておきましょう。

転び方、転んでからの起き上がり方、歩き方、方向変換の仕方(キックターンなど)
軽くジャンプする、などのスキー板になれる超基本的なことは練習しておきましょう。
スキー板に慣れれば、もう滑れます。
トップに戻る
前に戻る
重要ポイント
スキーはスキー板が滑っていきますが、スキー板に力を加えたり、エッジを立てたり、ひねったり、
スキーをあげたり、動かしたりなどの無理無駄な動きはしてはいけません。これは上級者でも同じです。
特に谷側のスキーに力を入れたり、エッジを立てたり、体重を掛けたり傾けたりはいけません。

練習1
正しい姿勢でスキーが真直ぐ滑ったら、あまりスピードがつかないうちに、右を向きます。
スキーが右に滑ったら、すぐに左を向きます。止まりたいときは右か左を見続けます。
正しい姿勢が大切です。正しい姿勢が出来なければ練習しても効果がありません。
以前は正しい姿勢のことを厳しく教えなかったから上達しないのです。
横位置    前位置
   
   始め顔で目で向きを変えます。両手や肩も同じように向けるとベストです。
   向く角度は、始めは45度くらいにします。良くスキーが回転するようになったら
   小さく20度くらいにします。
   向き方の速さと強さで回転が変化しますから、度合いを自分で学習することが大切です。
   出来ない人は正しい姿勢で滑っていないからです。

練習2
もう一度、正しい姿勢でスキーが真直ぐ滑ったら、あまりスピードがつかないうちに、右を向きます。
身体を少し右に傾けて両方の脚でスキーを少し押します。スキーが右に滑ったら、すぐに左を向きます
身体を少し左に傾けて両方の脚でスキーを少し押します。繰り返します。何度も繰り返します。
転倒しないように両方のスキーにしっかりと乗っていることを確認しながら練習いたします。
転倒しても山側に転びますから安全です。立ち上がり易いです。谷川に転んだら失敗です。
押す力を徐々に強めて、繰り返し練習します。少しスピードをあげます。
   
   スキーの幅や開き方、ハの字の形は、楽に立ちやすい肩幅位が良いです。
   繰り返し練習するとスキーの板は自然に閉じてきます。無理に閉じてはいけません。
   

練習3
斜面を少し急な場所に移動して、練習2を繰り返し練習します。
注意することは、右向き左向きの速さと強さを調整することです。
脚でスキーを前に押すことを強めることです。山側への傾きも少し多くすることです。
向き過ぎと傾きすぎにも注意が必要です。失敗しても繰り返し練習して
向き方と傾き方の程度は自分で覚えることです。



   早くしたり、強くしたりしないと斜面が急になった分スピードが出るからです。
   繰り返し練習するとスキーの板は自然に閉じてきます。無理に閉じてはいけません。
   無理に広げてもいけません。自然のままに・・・・・
   スキーの板が閉じないで広がる人は、押し方が弱いことと、傾き方が少ないからです。
   正しい姿勢で滑っていないからです。
   山側の脚を前に押しながら強く曲げると傾きながら早く曲がります。
   どれくらい強く押したら、どれくらい山側に傾いたら転倒しないか学習です。

これだけ出来れば貴方は中級者です。スキーが益々楽しくなります。
色々な斜面をチャレンジしてみてください。スキーの面白さがわかります。
これが出来るようになれば、上級者に昇格です。
年齢と体力と能力にもよりますが、正しく練習すれば1日でマスターできます。
私は毎年、当館のお客様と楽しく滑っています。10日も滑れば2級にチャレンジできます。

   スキーは簡単なのです。難しくしているのは、貴方と教える人です。
   スキーは目線(右向く、左向く)でターンできるのです。
   目線によってスキーに伝わる力が変化するからです。
   谷川に力を入れたり、エッジを立てたり、谷川に身体を傾けたり、ハの字に開いたり
   板を上げたり動かしたり、片足で滑ったりの無理無駄は初心者のうちは禁止です。
   何でも出来るようになったら、どんな滑りをも練習することが必要です。
   正しい姿勢が大切です。正しい姿勢ならスキーは目線でターンします。
   力を入れないで、転倒しないようにバランスを保持していれば上達します。