スキー上達法


メールはこちら
トップに戻る
ちょっとボタンを押して滑ってみてください。--->













スキー上達法
初中級編

筆者は過去のスキー技術を全く否定するものではありませんが、道具の変化によって変わるべきことが、
変わっていないこと、何時までも過去の技術にこだわっていること、指導法を変えていないこと、
などに疑問を持ちました。特に初級、中級のスキーヤーがスクールに入っても上手くならないのはなぜか?
いつまでも初級者、中級者でいるのはなぜかを解決しようと考えました。
全てのスキーヤーのために上達法を考えてみました。ご意見もお待ちしています。
初心者の練習手順はこちら
初級や中級のスキーヤーにとって、どんな斜面でも滑れる上級者は憧れであるが、
教わったとうりに一生懸命に練習してもなかなか思うように滑れないと悩んでいることと思います。
それは貴方の運動神経が悪いわけでもなく、スキーの技術が難しい訳でもないのです。
教え方が悪いから貴方は間違った練習を一生懸命に練習しているだけなのです。

ここでは、初心者は1日〜2日の練習で中級者になれ、中級者は2日〜3日の練習で
中の上級者になれる理論と練習方法をお伝えいたします。
筆者は40年以上のスキー経験で学んだ間違ったスキー理論と練習方法を修正し
てスキーヤーが上達することを願っています。
まずは、指導員や上級者が今までの間違っているかもしれない理論や練習方法を見直す必要があります。
特に、外向傾や外足荷重、くの字姿勢、ひねり運動や脚部中心の間違っているかもしれない理論などの見直し。
今まで間違っていると思われた、ローテーション、内傾、谷肩上がり、内足荷重、内足も外足も同一に考えていた、
曲げ伸ばしの脚部の運動を区別して考えること、体軸と身体全体での運動を中心に考えてみること、
バランス中心で理論付けることなどです。

プルークターンの場合(滑る前にしっかりと練習して慣れるようにします。)
  初めてスキーをする人は平地で正しい姿勢で 立って、右を向く、左を向を慣れるまで繰り返す。
  正面を向いたときは正しい姿勢を 確認する。(トップの練習スタートボタンを押してイメージを掴んで下さい。
  右を向いたときに手も肩も同じように少し右を向くようにする。
  大きく向く、少しだけ向く、ゆっくりと向く、早く向くなどリズムの変化をつけて練習する。
  向いた方向に少し体全体が傾くようにすると良い。(谷側の足でスキーを立とうとしたりエッジを立てたり力を入れたりしな  い。)
    ゆっくりと両足で前に進めることだけ気を付けて練習する。
左を向く    正面     右を向く
ごくゆるい斜面で滑って見ましょう
  止まることを心配している人は、左を向いたら、もっと左を向きます。止まるまで左を向きます。
  ヒント・・・身体全体を使って山側を見ればスキーはスピードを落として止まります。
  右を向いて止まる方法も同じです。谷足に力を入れたり、谷足に荷重したりしたはいけません。
  両方の足に均等に乗ってバランスを取り両方のスキーを前に走らせるようにすることが大切です。
  斜度が急になったら、身体は少し山側に傾けます。そのとき山側の膝を曲げて、谷川の膝は伸ばします。
  再度、大きく向く、少しだけ向く、ゆっくりと向く、早く向く、強く向くなどリズムの変化をつけて練習する。
  向いた方向(山側に)に少し体全体が傾くようにすると良い。(谷側の足でスキーで立とうとしたりエッジ を立てたり力を入れたりしない。
絵は上手でないですが、斜めに滑っているときのイメージです。
斜度が急になったり、スピードが速くなったときは山足をたたみ込み、谷足は伸ばして対応する。
体軸が真直ぐになっていることが必要で、切り替えはこの状態から次の進行方向に起こしてやれば
エッジはゆるみスキーは谷側に落下す。曲がった山足は伸ばしながら、伸びた谷足は曲げながら
体軸を変えてやるとバランスは保持できて後傾にはならない。
その運動をタイミング良く早く強く正格行えばトップコントロールとカービングターンは容易である。
ゆっくり弱く行えばスキーは落下し、スキッティングし谷足主導になる。
スキーT      スキー2
斜度が急になったり、スピードが出ると次のように山足がたたみみ込まれる。
スキー3
       

次のような従来の(くの字をつくる)形は発展を阻害するため好ましくないと思います。
谷足に意識があるため事ある度に後傾になりやすい。
山足のエッジが引っかかり易く転倒し易い。
体軸の切り替えが、2段になる。スピードはでないので低速や不整地で滑るには良いかも。
これでトップコントロールを行えば切り替え時に転倒し易い。
転倒しなくても次はテールコントロールになる。
スキー外   スキー       

練習方法。手順。
コメント
正しい姿勢を常に維持して滑る
特に手の構えや位置を写真のようにする。腕が曲がったり下がった りしない。
腕や手の構えや位置がばらつくとスキーは上達しない。
スキーの幅はブーツの内側で肩幅の広さを保つ
(約40cm〜42cm)スキーの先端を狭める。ハの字で滑る
安心で楽なスキーの開く幅を覚える。よく滑れるようになると、ス キーの幅は外側で
40cm〜42cm位になる。スキーを閉じて滑らないこと。
楽な姿勢で立つ。膝を内側に入れたりエッジを立てない。
スキーがスムースにターンしなくなる。ターンは右を向いたり左を 向いたりで行う。
スキーのターンは上体の僅かな回旋運動でターンすることを覚えること。
常に両方の足に(スキーに)荷重が掛かるようにする。
谷足に荷重を掛けたり、エッジを立てたり、スキーをあげたり、片 足だけで滑ったり、力を入れるのは初中級者はやらないこと。
ターンは右を向く、左を向くで行う。
止まるときはもっと右を向く、もっと左を向く。
滑りたい方向に顔、肩、手、腕を向ける。スキーは上体の僅かな動 きで回旋する。
谷側のスキーのエッジを立てたり、谷側のスキーに荷重を掛けたりするのは難しく
て上達しない。これが今までのスキー指導で一番間違っていること。

ターンできるようになったら、曲がり始めた瞬間に
身体全体で少し力を入れて前に進むように押してみる。
横のバランス、縦のバランスを良く維持出きるように練習する。
横のバランスは両方のスキーに乗る感じ、前に押すことは後傾にならないため。
スキーの方向性を変えて滑らないようにする。
スキーは動かさない。
スキーを開いたり動かしたりすると、バランスが取れなくなり、初 中級者では無理。
バランスが良くなり動かせるようになったら練習する。
谷足に荷重を掛けたり、傾けたり、エッジを立てたりすると
後傾姿勢になります。
今までは後傾になるなと教えながら、後傾にするようにしているの です。
谷足に荷重を掛けたり、傾けたり、すると山側のエッジがひっかかり転倒します。



滑るリズムは右を向いて前に押す、左を向いて前に押すと自分で復唱しながら滑る。

早くしたり遅くしたり、強くしたり弱くしたり、大きくしたり小さくしたり色々なリズムで練習する。


上級者のスキーヤーで技術が伸び悩んでいる人は上記の基本が出来ていないから応用が出来ないのです。
勿論、指導員検定や講習会で形や荷重やエッジングや脚の使い方などばかりの講習で、肝腎な身体運動や
スキーの板と斜面と状況変化の特性をスキーヤーに伝授していないから無理もないなのです。
トップコントロールが出来ないのは、カービングターンが出来ないのは、
後傾になるのは上記の理論がないからだと思われます。
特にシュテムしたり、脚をひねったりしながら滑っている上級者は練習のし直しが必要です。
小生の練習方法を確実に行えば、スクールに入らなくても独学で上達するのは間違えありません。
一度試して練習してみてください。

上級編
上級者と思われる方へ

スキーを滑る上で大切なのはバランスです。どんな練習をしていますか。
脚部の運動を意識していますか。体軸を意識していますか。
どんな滑りも出来ますか。
沢山の練習のバリエーションを持っていますか。
 トップジャンプ、テールジャンプ、プロペラターン、ジャンプ、
 クローチングターン、 クラマーターン、 内足ターン、 外足ターン、 チャールストン
 小人ターン、フリーハンズ、バックプルーク、etc,etc,etc
 横滑り、真横滑り、山横滑り、谷横滑り、スピードを変え角度を変え、斜度を変えて練習する。
 トップコントロールとテールコントロールを区別して滑れますか。
 トップのスキーヤーは何でも滑れるからトップなんです。
 これらの練習は全てバランスとタイミングと筋力強化の練習です。バランスが良ければ転ばないのです。
 大回りや小回りやポジションニングばかり意識していては技術が硬直してしまいます。
 何でも滑れるようにしましょう。
注意点
 外向傾理論の見直し。特に外傾でのくの字姿勢。
 山側への適度な傾きと体軸で滑走、切り替えを行う。
 脚部の意識よりも体軸で滑る意識。
 バランスを取るために山足のたたみ込みと傾き。そのときのバランス。外足の自然な伸びとエッヂング。
 スキーは板と斜面とスピードとの物理的作用です。数学ではありません。運動物理です。
上級者が常にベストなすべりを追求するには、ベストポジションだとか、ベストバランスとか、操作だとか
よりも、滑りながらのバランスアジャスト、ポジションアジャストなどの微調整能力が必要かと思います。
その為には旧来のテクニックも色々なバリエーションも消化する努力が必要だと思います。


ご意見のある方はメールで

メールはこちら